冷え性を根治する為の食事

冷え性を根治する為の食事

不妊症の起こり の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。

 

 

そこで、冷え性を根治する為に、食事を考えるのが大切になってくると思います。
生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自分の努力で出来る体質を良くする道でしょう。妊娠に重要な栄養素があるとは、妊活をし出すまで知らなかったです。

 

 

特に葉酸は妊娠には欠かせないビタミンで、しかも、普段の食事では摂ることがなかなかできないビタミンでもあります。葉酸サプリを飲用しはじめて、その後に妊娠できたので、以前は、葉酸が足りていなかったのだと思います。妊娠の初期に摂取をおすすめされる葉酸というものですが、この時期はお腹の赤ちゃんの細胞分裂が盛んにおこなわれる時期であるため、不可欠だと思われます。それが十分でないと赤ちゃんの脊椎に二分脊椎(にぶんせきついしょう)の症状がでるなど胎児の成長に大きな作用を及ぼすかもしれません。

 

 

 

1日の摂取量の目安は400ugと考えられていますので、用量を守ることが大切です。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。

 

 

 

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。

 

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経に働きかけ、ツボ刺激による癒し効果もあります。

 

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。

 

フルーツでは、イチゴやライチに含有量が多いと紹介されています。

 

 

 

それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

 

元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

 

 

ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いですね。
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。

 

とりわけて赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は忘れてはいけません。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。
ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。葉酸のサプリであれば計算や摂取も簡単です。
簡単に葉酸を摂取したい方には一番簡単な方法だと言えます。
大事なポイントなんですが、葉酸の選択の仕方は胎児への及ぼす影響を考えると可能な限り添加物の減らしてある物を選択することがいいでしょう。また、どんな場所で作られているのか、放射能が残ってないか確認されているのかなど作り方にも気をつけて選択する必要があります。

 

 

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。
全体的にはバランスよく偏らない食事にするのが理想的な食生活というのに変わりはありません。

 

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

 

世間では妊婦が盛んに摂るよう推奨される葉酸ですが、熱が弱点なので、調理をする場合には気をつけることが求められます。
中でも、調理の手順で長い時間加熱調理をしてしまうと、ミネラル分、栄養素は半分に減ってしまいます。熱する際はスピーディに湯通しするなど加熱しすぎに注意することが重要です。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題ないでしょう。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。

 

葉酸は妊娠する前から摂るようにして妊娠初期まで継続的に摂取することが望まれている栄養素です。実際、先天性奇形を予防する効能が分かっています。

 

サプリメントから体に取り込む方法もありますが、ホウレン草や芽キャベツなどの野菜にもたくさん含まれている栄養素ですので、なるべく妊娠初期の段階では意識して体に取り入れたいものです。

 

 

友人が教えてくれたピジョンの葉酸サプリが大変良いです。

 

妊娠中に摂らなければならないビタミンを補ってくれるのです。その上、長いこと気になっていた冷えも改善して気がします。葉酸サプリは赤ちゃんのために飲み始めたのですが、私自身の体にも良いようなので、産まれた後も飲み続けるつもりです。

関連ページ

妊娠しにくい体質を改善する食品
妊娠しにくい体質を改善する食品
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康を助ける
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康を助ける
不妊症の起こり の1つとして体の血行の悪さ
不妊症の起こり の1つとして体の血行の悪さ
葉酸の過剰摂取による副作用は?
葉酸の過剰摂取による副作用は?